体温のリズムをととのえる朝食

体温の日内リズムの中で、

朝食はとても重要

日常生活での体温は、夜間には低く、

早朝に最低となり、

起床・朝食後に急激に上昇し、

その後もゆるやかに上昇して夕刻前に最高になった後、

ゆるやかに下降するという形で変動します。

 

睡眠中は代謝も低下しており、

朝食は1日の活動に向けて代謝を高め、

体温を上昇させるという意味からも、

とくに重要です。

毎朝の食事は規則的に、

温かく消化のよい飲食物を摂取することが大切です。

昔ながらの朝がゆや雑炊、味噌汁とご飯などが理想的。
夜間は、入浴後の冷たいビールなど低温の飲食物を避けましょう。

くだものなどは、

体温の高い日中に食べるとよいでしょう。

 

冷え性の方は一度お試しください。

 

stylist渡辺俊弥